お茶を愛する静岡から生まれた文学賞

お茶と心をつなぐ物語を募集します

あなたの小説がお茶の未来を救う。

お茶処。
それはお茶の生産地であるだけでなく、
お茶のある暮らしや風景を愛し、
ともに文化を育み、
ともに未来を紡いでいく役割を
担っているのだと思います。
ものに溢れ、価値観が多様化する現在。
私たち日本人にとってお茶とは何かを
今、あらためて問い直したいのです。
お茶を題材に物語を紡いでください。
その物語はきっと、
お茶と人の心を結びつけてくれます。
未来を照らす新たなコンテンツが
生まれることを願って、
この茶柱文学賞を開催いたします。

フェイスブックページへ

応募要項

◆課題

お茶をテーマとした短編小説

◆主催

茶柱文学賞実行委員会

◆応募資格

不問 (プロ・アマ問わずご応募いただけます)

◆規定枚数

4000文字前後

◆締切

平成25年8月31日(当日消印有効)

◆発表日

平成25年11月9日(土)13時~
世界お茶まつりの会場にて表彰式と講演会を行います。
講演:芥川賞受賞作家 松村栄子氏
会場:グランシップ9階 904

◆賞

大賞:1編(3万円と副賞)
優秀賞:2編(1万円と副賞)
佳作:数編(お茶セット)

※入賞作品は、袋井茶文化促進会の発行する「茶文化ふくろい」他に掲載し、全国主要図書館へ配布します。
その他にもお茶と人の心をつなぐコンテンツとして、作品の内容にあわせて方法を検討し、広めていく予定です。
※入賞者は「世界お茶まつり2013」にて表彰させていただく予定です。

◆その他応募について

オリジナルで未発表の作品に限ります。
応募作品は返却いたしませんのであらかじめご承知ください。
入賞作品の著作権は主催者に帰属します。
(ただし著作者本人の意向を尊重し、作品を広められるよう配慮します。)
作品の応募によって取得した個人情報については、賞の連絡、発表、実行委員会からの案内のために使用させていただき、それ以外の目的では使用いたしません。

◆応募方法

以下のいずれかでご応募いただけます。
作品1部をご郵送ください。(横書き、縦書きは問いません)

1.応募作品は原稿用紙に手書き
2.ワープロでA4用紙にプリントアウトしたもの
※(ワープロ原稿の場合は文字数を表記してください)

原稿の頭には、題名、氏名、性別、年齢、職業、郵便番号、住所、電話番号、(※ワープロ出力の場合は文字数)を明記してください。各用紙に、ページ番号を振っておいてください。

◆応募先

〒437-1101 静岡県袋井市浅羽1246-5 袋井茶文化促進会 茶柱文学賞係

◆お問合わせ先

yoshinoako@gmail.com